フェーブルたかなしのれびゅログ

主に旅行に行った際の情報共有や日々の役立つ情報などをのんびり書いていきます。その他趣味で映画・書籍の感想なども書いていくつもりです。

【ザ・サンチャヤ②】ビンタン島で王様気分になれる超絶おすすめヴィラ

前回はシンガポールからサンチャヤへの行き方編でした。

今回はサンチャヤの魅力や料金などお伝えしていきます。

f:id:fevel:20191002174008j:plain

 まず、前回のサンチャヤの凄さ、おさらいですが

☆ターミナルに着くと、すぐにサンチャヤ専用VIPラウンジに通される

☆荷物検査や預かり荷物の受け取り、入国手続きはすべてやってくれる

☆その間飲み物やお菓子を食べ放題

☆準備が整い次第、送迎車でサンチャヤへ

などなど、着くまででこのサービス ・・

ちなみに、帰りも同じように手続きはやってくれます。ラウンジでくつろぐだけ。最高すぎる。

ただ、料金はお安くない・・

1泊サービス料込で約5万~

私は今回アメックスで部屋のアップグレードと朝食、100ドル分の優待チケット、レイトチェックアウト込みで6万5千円でとりました。

ひぃい。お値段もさすがゴージャス。しかし、5万超えの高級ホテルなんてザラにありますが、サンチャヤはサービスがピカイチ。他のホテルに行くなら1度は行って欲しいです。

部屋はルームタイプ、ヴィラタイプがありますが、今回はヴィラに泊まりました。予約時に選べます。もちろんヴィラの方が高いですが、まるごと貸し切りなので、せっかくならヴィラがおすすめです。

サンチャヤ最高ポイントありすぎて箇条書きにしていきます!

ーーー【サンチャヤスゴイ!!ポイント】------

 ☆ プールも素晴らしいけど奥はそのまま白浜のビーチ

☆日本語を話せるスタッフが案内してくれる

☆ビーチバック、サンダル、日焼け止めや虫よけスプレーまで用意

☆ネットフリックス・映画・音楽部屋で見放題

☆図書室、バー、スポーツセンター、スパ、ヨガや外でのアクティビティも豊富

☆客数が少なくのびのび過ごせる

ちなみに、私が行ったときは欧米・アラブ系?の方が多くアジア人は見ませんでした。

☆清潔感がスゴイ

部屋を少しあけると1日に何度でも清掃が入り、可愛いお手紙や軽食を置いて行ってくれる。

☆部屋にあるアルコール、ソフドリ、お菓子食べ放題

ビンタン島のビンタンビール、サンチャヤチョコレートもおいてある!!

ちなみにワインは有料との事でした。

日本語を話せるスタッフが初めにしっかり説明してくれます。

☆従業員たちは日本語で挨拶し、名前を憶えてくれる。

まず、着いてすぐにニックネームを聞かれます。笑

☆とにかく従業員の感じが良い!!

清掃や草刈りをしている人まで、すれ違う時は足をとめて微笑んでくれました泣

☆帰りのフェリーに合わせて集合時間などアレンジしてくれる

部屋に可愛いお手紙でお知らせが届きました。

☆水辺に座るだけで籠入りの水と従業員を呼び出し旗をすぐに持ってきてくれる。

 

f:id:fevel:20191002191504p:plain

お水の入った籠と、ビーチサンダル

とまぁ、至れり尽くせりですが、箇条書きでは説明できない雰囲気のよさがあります。

ゆったりした時間が流れ、従業員もほのぼのとしつつ丁寧で、どんなに接客に力を入れているホテルでもサンチャヤには届かないのでは・・!

 

次はサンチャヤの朝食と夕食についてです

【マストな超ハイクオリティ朝食】

フェーブルは朝食込みで予約しました。予約サイトを見ても朝食込みしか見当たらないのですが、もし宿泊のみのプランだったとしても朝食はマストでつけるべきです。

 しかし、サンチャヤの朝食は大事な注意点が!!

フェーブルは、勘違いしており恥ずかしい思いをしました・・笑

 

まず、部屋に入るとバイキングがみえます。ウェイターさんが、席に案内してくれますが、他の朝食バイキングに行った時と同じように、すぐに私はバイキングに直進。

バイキングを見ると「えー!?ほとんどデザートしかない!!」

気持ち程度のサラダやスープなどありますが、並んでいるのは甘いものばかりでした。

かなり朝食に期待していたので、すぐに状況を呑み込めずメインは売り切れてしまったのかなぁとガッカリ・・・

 それでも最大限楽しもうとデザートを目一杯盛って席に戻りました。

すると、ウェイターさんが待ってましたとばかりにやってきて、何かテーブルに乗せました。

なんと・・朝食メニューです。笑

スターター、卵料理、メイン、ドリンク類など美味しそうなお料理が並んだメニュー。

サンチャヤの朝食はバイキング形式ではなく、オーダー形式です。席に案内されたら、しっかり座ってウェイターさんが来るのを待ってください。笑

 

席にも着かずしばらくウロウロし、しょっぱなからデザートをモリモリ取ってきてしまった失態で焦り散らかしていたため、オーダーでも焦りまくり。値段が載っていなかったため、消極的に1人1品オーダーしてみました。すると、他にはいらないの?と聞かれたので、安心してもう何品かオーダーすることに。

f:id:fevel:20191004190123j:plain

f:id:fevel:20191004190129j:plain

f:id:fevel:20191004190139j:plain

f:id:fevel:20191004190147j:plain

サンチャヤの朝食メニュー

f:id:fevel:20191004190853j:plain

truffle scented eggs

f:id:fevel:20191004191045j:plain

egg benedict

f:id:fevel:20191004191235j:plain

mamak mie goreng

オーダーしたものには下線をひいていますが、全部とっても美味しかった・・・

まず、マンゴーバナナスムージー、めちゃくちゃ美味しい。氷が入っておらず砂糖も控えめで体が冷えないのがよかった。ほうれん草やバナナアーモンドも飲みましたが水っぽくてイマイチ。健康ドリンク的なのは癖が強すぎて飲めなかったです。多分体にはめちゃくちゃいい。

 

和牛ステーキは薄かったけど、しっかり良いお肉の味がしました。

エッグベネディクトも上品な味でおいしい。

イチオシは、画像にもある【ミーゴレン】。

マレーシアの麺料理ですが、マレーシアで食べたどのミーゴレンよりおいしかった!甘辛いタレが後をひきます。

他にもウナギ丼やパンケーキなど気になりましたが、満腹のため終了。

デザートこんなにもってこなければよかった・・・

隣の外国人はエッグベネディクトが気に入ったようで3つ目を頼んでいたので、結局頼み放題の食べ放題みたいです!!素敵〜〜!!

 

【夜ごはん】

夜ごはんは、朝食を食べた部屋か、プールサイドか選べます。

メニューは同じ?っぽかったですね。タイ料理でした。

雰囲気はいいのですが、お値段はお高め。1品3∼4千円程度でした。

それならコースの方がお得かなと、2人で約1万2千円のコースにしました。

分かりづらいですが、コースの料金はすべて2人前のお値段です。

f:id:fevel:20191004193450j:plain

画像はサラダ2種類とすり身揚げスティック。他に酢豚みたいなものと小さいカニの姿揚げなどが出てきました。とにかく美味しかったのはグリーンカレー!!

コクがあってめちゃくちゃ美味しかったです。

とはいえ、更にサービスチャージ、税がかかるのでタイ料理と考えるとお高め。

朝食が食べ放題だっただけに、高く感じてしまいました。

ちなみに、部屋に置いてあるジュースやビールが飲み放題なので、プールサイドで飲んだりできますが、しれっとお店でも飲んでいたら、ジュースは許容されましたがビールは断られてしまいました笑

普通に頼むとビールも1000円くらいかかってしまうので・・・

でもそりゃそうですよね・・失礼な事をして申し訳なかったです。

けど得出来るところは少しでも得しないと!!というフェーブル魂。笑

 

ちなみにディナーを食べている人はほとんどいませんでした。次の日になって分かった事ですが、ディナーが始まる前まではプールサイドで安く軽食が頼めるようです。

特別な日は、もちろんロマンティックなディナーを楽しむのがベストだとは思いますが確かに、割高なディナーを食べるより朝食をお腹いっっぱい食べて、早めの軽食を夕方にとるのが一番コスパがいいです。

夜は、外でワインやビールを楽しんでいる方が多かったですね。

 

そんなこんなで、サンチャヤの紹介をしてきましたが、サンチャヤが最高すぎるので1泊の場合島観光に行ってしまうのはもったいないです!!10時にチェックアウトした後、砂漠や海に向かうのはアリかもしれませんが、最後までサンチャヤのプールやスパでゆっくりするのも贅沢な過ごし方だと思います

 また、サンチャヤでは細かいものまで全てルームチャージに出来るので現金は必要ありません。インドネシアルピアを両替してきていなかったので少し不安でしたが、ルピアどころか財布すら出すタイミングがありませんでした。

 

という訳で今回は私は肝心なビンタン島自体の観光情報は何もお伝えできませんが。

是非、王様気分が味わえるサンチャヤ目当てでビンタン島に行ってくれる方が増えればと願っております☆