フェーブルたかなしのれびゅログ

主に旅行に行った際の情報共有や日々の役立つ情報などをのんびり書いていきます。その他趣味で映画・書籍の感想なども書いていくつもりです。

NY2大老舗ステーキ店対決!キーンズステーキハウスVSピータールーガー

どうも、フェーブルです。

NYグルメといえば欠かせないのがステーキ!

アメリカ行ったらステーキすよねやっぱり。物価が全体的にバカ高いアメリカですが、日本も肉はなかなか高いので、あえて肉を食べた方がコスパが良い気がしなくもなくもないです。

 

今日はNYの中で老舗といわれるキーンズステーキハウスとピータールーガーでどっちがおススメかを発表したいと思います。他にも有名なステーキハウスはたくさんありますが、とりあえずこの2店舗は観光地としても鉄板ではないでしょうか。

 

さて、それではズバリ比較していきましょう!と言いたいところですがピータールーガーに行ったのは5年以上前なので写真、メニューの情報なし、記憶うろ覚えという最低ブロガー規格なので御了承を。

というか、先に言っちゃいますが、キーンズの方がおすすめです。うん、絶対キーンズ!キーンズ派!もう言っちゃうけどキーンズ大好き!!!

 

今回の旅行でキーンズに初めて伺いましたが、ピータールーガーよりおいしかったです。まず、肉の違い。どちらも熟成肉で質は良いのですが、ピータールーガーの方が重みがあってしっかりしています。え?そっちの方がいいじゃん。と思われるかもしれません。そうです。ただの好みです。皆さんこのブログに惑わされずにどちらも食べに行ってどちらがウマいか決めてください。

キーンズは、中は割とレアで柔らかい。油も少なく量だべてももたれない。

あとは、基本濃い味が好きなのでキーンズでは頼めば何種類がソースを持ってきてくれるのがよかったです。ピータールーガーだと基本塩味だった記憶。

(頼めば全然いろいろあるかもしれませんが)

 

値段はキーンズが1人1万円強で食べられるとしたらピータールーガーは種類にもよりますが1万5千~2万はかかった記憶。キーンズコスパ良。

 店内はどちらもクラシックで素敵ですが、ピータールーガ-の方がかしこまっていたイメージです。本当に大事な記念日ならピータールーガーの方が雰囲気が出るかもしれません。

 

立地はキーンズの圧勝。ピータールーガーはブルックリンの入り口付近にありマンハッタンから距離があることが難点ですが、その点キーンズはエンパイアステートビルのすぐ近くにあります。ランチなどでサッと寄りやすいのも利点。

 

最後に、一番大事な事をいいます。

ピータールーガーがキーンズより圧倒的に劣っている理由。

 

それは

 

キャッシュオンリー!!!

 

ヒィィイイィィiiiiii!!!!!!

フェーブルがこの世で一番恐れる言葉、世にも恐ろしい・・・

まさか基本会計が2名以上で3万は超えるような店でキャッシュオンリーて。しかもアメリカで。ちょっとしたセレブ大家族だったら20万くらい会計いっちゃうんじゃない?その場で20万用意しろってか、勘弁してくれよオイオイ。

 

はあ・・・5年前には本当に酷い目に遭いました。現金を全く持っておらず超老舗クラシック店のレジで紳士淑女に囲まれながら焦り散らかし、友人を残して銀行へ・・

ATMだけ稼働している銀行を見つけたものの日本のキャッシュカードが対応しておらず、何度も何度もトライし結局クレジットカードのキャッシング機能で引き出すことに成功。そしてカードを残しドルだけ持ってまた走りました。←

 

・・・そう。ドルだけ持って。つまりクレジットカードはATMに飲み込まれたまま。日本みたいに大きな音でリマインドしてくれませんからね。サイテーだよ!!!(全部自分のせい)

直後に見に行きましたがカードは見つからず、馬鹿高い通話料を払いクレジット会社に電話し停止してもらいましたが、結局6万ほど不正利用されていました。その間たったの10分・・カード会社は保証してくれず、「ああ、これはプロの犯行ですね」ってオイ・・・6万あったらキーンズで6回ステーキ食えるんだよ!!ラーメンだったら60杯食える!!うまい棒だったら1000本食える!ッッケンナ!!!

こういう時にフェーブルは現実を直視できないタイプなので、とにかくすべてはピータールーガーのせい。まじで許さん。ピータールーガーで約10万散財したので、やっぱり断トツキーンズ派です。

 

 

今更ですが、最後にキーンズのメニューと写真。

エビもうまかった。

f:id:fevel:20200320035717j:plain

f:id:fevel:20200320035719j:plain

f:id:fevel:20200320035711j:plain

f:id:fevel:20200320035714j:plain

f:id:fevel:20200320035705j:plain

 

ランチメニューがコスパよさそうでしたが、夜メニューでも出しているプライムビーフfor2を頼みました。2人前で115ドル程度なのでコスパは良いですが、さすがにコレだけだとちょっと足りないです。

 

キーンズ・ステーキハウス

ピータールーガーステーキハウス

【緊急時事記事】コロナ発生後の海外旅行を語る【人種差別?!】

どうも、フェーブルです。

今回は、緊急事態時での海外旅行。コロナ発生後に飛んだアメリカ旅行で起こったことを共有したいと思います。

 

2020年の2月、ほぼ丸々アメリカ旅行に行ってきました。

1月中旬から武漢でのコロナの話題が出始め、まだ未知の病だったころ、2週間後にはアメリカ旅行が控えていたので、早い段階からマスクや除菌類などを入手しにいき成功しました。

 

アメリカより、様々な国の方が入り交じる空港がなによりも怖かったですね。しかし、まだその頃は日本人やアメリカ人の感染者はいなかったので決行する気満々。

 

発つ直前になり、日本人の感染者、また、アメリカでもNYやシカゴで感染者が出始め焦りました。しかし、中華圏に行くわけでもなかったのでさすがに中止する材料にはならず。ちなみにまだ旅行や集会を控えるように言われている時期では全くありませんでした。

 

どちらかというと、フェーブル自身が根っからの臆病者なので、とにかく恐怖。

 

【飛行機で気を付けた事】

・マスクには花粉・ウイルスガードを振りかけてから着用

・マスクを取るときは紐の部分を持つ

エタノールをスプレー容器に入れたものをしょっぱなから画面、リモコン、席に吹きかける

・湿気に弱いらしいのでペットボトル加湿器を持参

・トイレに出た際や、食事前は除菌シートで手を拭く

 

幸い飛行機が空いており隣に人がいなかったので余裕でした。

 

NYのジョン・F・ケネディ空港に着くと、係員の方々はマスク、手袋をしておりさすがの意識の高さを感じました。どこの空港でも2週間以内にチャイナに行ったかどうかを聞かれます。

 

街に出るとマスクをしてる人は全く見ませんでした。

既にイタリアなどでもその風習が話題になっていますが、やはりマスクをしていると病人という目で見られてしまうようです。

日本ではマスクを着用しない方が白い目で見られる雰囲気になっていたので不思議な感じ。

 

旅行中、見た目がアジア人だからといって避けられたり、差別されるといった事はありません。なにしろ、アジア系アメリカ人など、アメリカに在住している方もたくさんいるので。

大事なのは【言葉】です。

 

初めて、避けられたと感じたのは、駅の切符売り場で順番待ちをしていた際、友達と日本語で会話していた時の事です。前の白人のおじさんがビクッと跳ね、恐怖に慄いた顔で私たちを一瞥して足早に去っていってしまいました。

今思えば、訳わからん言語話すアジア人=デンジャアァってことだったんでしょうね

 

街でもベラベラ日本語をしゃべりながら観光していると、目に見えた差別はうけませんでしたが、心なしか遠回りして避けられてるような気がする事はありました。

 

 そんななか、1度だけ、衝撃的な差別を受けました。

NYの中でも割と治安の悪いハーレムのあたりを歩いて居た際、黒人のおじさんに

「GO  BACK YOUR COUNTRY」と強めに脅されました。

最初はただびっくりしてなんのこっちゃと震えましたが、手元にニュースペーパーを持っていたので丁度記事を見ていたのでしょう。

気持ちは分かりますがショックでした。

 

というか、アジア人よりも黒人のちょっとヤバめな高齢者の方が地下鉄なんかで、絶対新種の菌まき散らしとるやんってゆう咳してる率高いんすけどね。。

というかNYの地下鉄の黒人は本当に頭おかしい率が高すぎる。

マスクしてほしい切実に。そしてNO WEED...

 

誰もマスクしていないとはいえ、アメリカ内のドラッグストアでマスクにお目にかかれるところはありませんでした。チャイナタウンに顔を出した際、マスクが30ドルなど高額で売られていたので、既に中国人に買い占められていたのかもしれません。

 

今まさに、欧米でもパンデミック化していますが、あそこまでかたくなにマスクをつけない文化、どこでもホットドックやスナックを素手で食べる、クッキーそのまま机におきがち、土足・・・すべて含め感染待ったなしでしょうな。欧米圏は。

(フェーブルは軽度の潔癖性であり日本大好き)

 

滞在が2週間目ほど過ぎたある日、韓国で爆発的に感染者が増えたというニュースが永遠にテレビから流れ始めだんだん気まずさが増しました。その後はNYからシカゴ、トロントと移動したのですが、実はNYに比べると気にしている人は圧倒的に少なかったです。空港でもマスクや手袋をしている係員はおらず。

 

むしろ困っていたらアジア人でも寄ってきてアドバイスしてくれたり、挨拶してくれたりとスーパーナイスな方ばかり。でも、ニュース見てないの、カナ?

 

そんなこんなで3週間がたち帰国。

旅行中、人の目を気にしてマスクこそできなかったですが、除菌手洗いうがいには、とても気を使っていたのでその後発症する事もなく健康体です。

 

余談ですが、行っている間にマスク争奪も終わっているかと思いきや、それどころかトイレットペーパーもなくなっていて驚きました。だんだんコロナの症状の全貌も見えてきて、お年寄り以外はかかっても死にゃしないだろ、頑張って経済動かそうゼって雰囲気もあるのに、コロナに人々が踊らされすぎていて悲しいですね・・恐れすぎず正しく向き合っていく事がなにより大事な事だと思います。

 

今回は2月のアメリカ旅行について書きましたが、もうほとんどどこにも旅行は行けなさそうな状況なのであまり参考にはならないかもしれません。フェーブルは本当に運がよかったです。もう少し長く居たらもう少し差別を受けたかもしれないし、帰国さえ出来なかったかもしれないので・・。

 

今、海外旅行を考えている方は戻ってこれなくなる危険性があるのでおすすめしないです。

国内旅行、イベントや結婚式を控えている方は、完全に個人的な意見になってしまいますが、しっかり予防対策をすれば恐れる事はないと思います。

(同居人や職業によっては全く話が変わってきますが)

今、中止にするか悩んでいるみなさん、精神的に参ってしまうかもしれませんが、みんなきっと待ってます。YOU CAN DO IT!!!

ウルフオブストリートにも出たあのBENIHANAに行って酷い目に遭ったww

どうも、フェーブルです。

海外旅行系を扱っているのでやはり旅行に行けない時期は投稿が減りますネ

まだ毎日書いていかないといけない時期ですが。超自堕落フェーブルにはとてもムズカシイ。

 

今他にも個人的に書けそうなジャンルが2.3あるので新しいブログを開設するか、こちらのブログにごちゃまぜにしていくか迷っとります。知らんがなって話ですね。本題。

 

あのウルフオブストリートにも出てきた日本食レストラン。ロッキー青木さんがオーナーの『BENIHANA』に行ってきました。

 

正しくは、ウルフオブストリートは実話を基にした映画であり、元ネタの投資家ジョーダンベルフォートがインサイダー取引マネーロンダリングで得たお金をスイスの銀行に隠した際、BENIHANAのオーナー、ロッキー青木も不正に得たお金を同じスイス銀行に隠していて、ロッキー青木が警察に捕まったことから芋づる式にジョーダンもバレてしまったという流れがあったみたいです。

その史実から、作中では主人公が「ファッキンベニハナ!!」と悪態をつくシーンが入っています。

(事実には諸説あり)

 

悪い印象であれ、レストランの名が映画で売れた事には間違いないのでロッキーさんは美味しかったのではないでしょうか、知りませんが。

そんな私もウルフオブストリートから興味が出てベニハナに伺った次第です。

 

調べてみると、ランチはリーズナブルで(アメリカ内では)しかも鉄板焼職人がエンターテイメントとして海鮮や肉を焼いてくれるという、素晴らしい内容のようでした。

 

今回私が行ったのはNYのセントラルパーク近くにあるベニハナで、ランチがお安いとのことでランチタイムに伺いました。

カリフォルニア、イリノイアリゾナ、ハワイなどいたるところにあるチェーン店です。

 

 

メニューは取り忘れましたが、てんぷらや寿司の入ったお重?で18ドル。

他はエビ・肉・ホタテ・サーモンなど材料を選んで鉄板で焼いてもらうランチが20~40ドル程度。良いお肉は40ドルほどするものもありましたが、基本は22ドル程度です。

f:id:fevel:20200319013645j:plain

エビのセットにしましたが、スープ、サラダ、ガーリックライス、焼き物がついてきます。

f:id:fevel:20200319013636j:plain

シェフは日本人と思いきや中国人です。

目の前で焼き、卵を卓球玉のようにヘラではじいたり、エビのしっぽを頭のシェフ棒に投げて入れるなど、ちょっと衛生的にオオゥッwwとなるようなとんでも芸も続出。

味は特別めちゃくちゃ美味しくありませんが、普通にうまい。NYの物価でランチでエンターテイメント性もあってこの値段はコスパ、いいのではないでしょうか?

会社の昼休みに食べに来ているようなイケてるスーツの男女グループもたくさんいました。

 

ただ一つだけ、疑問、いや、クレームが。

この鉄板を囲んだお客様に向け一斉に焼き始めるのですが、みんなについているガーリックライス、他のお客さんの分には焼いたチキンを載せていましたが、私たち(アジア人の分)だけなぜか載せてくれませんでした。みんな同じランチセットを頼んだはずだとは思いますが。

 

若いから?それとも忘れただけ?と食事中もんもんとしてしまいました。

導き出した結論は、元々チキン乗せないけど、白人勢にはチップを多く貰うためにサービスしたのかなと・・・

 

べっつにいいけど・・そーんな差別っぽい事されたらそのことばかり考えちゃって楽しめなかったよォ。ベニハナ好きになりそうだったのに・・・とメンタルよわよわな私は完全スネ吉。ガッツリチップは払いましたがね!

 

いや、もしかしたら英語力が無くて聞き取れなかっただけで、もしかしてもしかするとみんな追加料金でチキン載せてたのかも!そーゆうことにしとこ!!BENIHANA、おススメ!!!